Web Application Development Service

Ec site Development Service

Control system Development Service

and Other development service

 

 

  

 

 

                                1.AWSの利用を検討し始めました。6月19日より*AWSは、AmazonWebServiceの略称。多彩なクラウドサービスを提供できるメリット・デメリットをリサーチ中。 AWS,AIサービスに興味。





 

 

 

2.A.I.S社 勤怠クラウドサービス契約を進めています。勤怠管理をクラウドサービスで行うサービス。安価で導入できるメリットが大きい。

3.Sales force 社、CRM Cloud Service利用の検討始めました。顧客管理から受注に至るまでの記録から引き出される効率的受注活動を監視。

WOWMAサイト完成!
開発サービスを展開中
生産工程WEB化進行中

WEB システムは、現在のBusiness Computingを支えるシステムと言っても過言ではありません。Microsoft, Google, Amazon, Apple, Facebook など巨大ベンダーとユーザのやり取りやショッピングサイトは、これらのフレームには、この技術が使われています。グローバルなコンピューティングを可能にし、ビジネスの可能性を広げるWEBシステム。MITでは、WEBシステム、ECサイト開発に多くの実績があります。それらの実績を、お伝えやすく絞ったケーススタディで、このホームページでご紹介いたしております。
 今後の技術として、AI、IoT、などが既に普及しつつありますが、これらの新技術をビジネス利用して、さらに前進するためにも、まずは、業務をWEB化され業務効率アップを図られることをお勧めします。WEB化は完了されているユーザ様は、次のステージ、ビッグデータ解析から得られるマーケッティング情報を新たな企業戦略と併せ、システム戦略立案にお役立てください。            MIT株式会社



遅ればせではありますが、弊社でもAWSの利用を検討し始めました。6月19日より*AWSは、AmazonWebServiceの略称。多彩なクラウドサービスを提供できるといううたい文句。メリット・デメリットをリサーチ中。 AWS,AIサービスに興味。
Sales force 社、CRM Cloud Service利用の検討始めました。顧客管理から受注に至るまでの記録から引き出される効率的受注活動を監視。
A.I.S社 勤怠クラウドサービス契約を進めています。勤怠管理をクラウドサービスで行うサービス。安価で導入できるメリットが大きい。

「システム変更や修正でお悩みなら、MIT」

 会社もシステムも生き物。時代に合わせ成長する会社と共に変化していくもの。システムは、その成長に合わせ変化させ続けることが必要です。基幹業務部分のシステム変更や再構築は、大変な工数と費用を必要とします。また、次々に登場する新しいデバイス、スマホや携帯端末により、変化・修正追加が必要になることも多い昨今。ローコストで、短期間でこれらを実装することは、たいへん有益かつ大切なことです。
弊社では、このようなお客様のニーズにお応えすべく、様々なシステム構築やカスタマイズを行っております。
 また、いきなり大規模(例えば、全社規模)での開発はリスクも費用も掛かります。始めは小規模から始め次第に全社規模へと段階的に開発されて行くのが常道だと思います。弊社は、そのように「小さく生んで大きく育てる」方針を堅持致します。経営の神経系であるシステムは、まず業務ありきで、必要な処理(システム)を施されるのが良いと考えています。小さなご依頼からご相談を承けたわります。

MITが得意とするシステム開発カテゴリー

基幹業務系開発

全社業務のWEB化を達成

ECサイト構築

Fullscratch・EC-Cubeベース

御系システム開発

制御機器のコントロールApp

画像処理開発

インフラの監視映像

ご依頼からシステム稼働までの流れ

ヒアリング

まず専門のコンサルタントが個別にクライアント様の状況をヒアリングさせていただきます。

提案

クライアント様の抱えている問題に合わせた最適なソリューションをご提案します。採用頂ければ、ご契約となります。

システム導入

各種プランに合わせてデモ検証・フィールドテスト・本導入までフォローします。

アフターサポー

導入後によくあるご質問や社内環境の変化に合わせたプラン変更など一括でサポートします。
解説:コンピュータ・システムのミニ解説
 まず、コンピュータです。もう使い慣れて、今は貴方の傍にあるもの。見慣れた、画面やそのスタイル。これは、どのような特性を持っているのでしょう。ややこしい、複雑、難しい機械。この半世紀の間に、随分、高性能になり低価格になりました。携帯は、すっかり日常の一部になりました。それは、データの記憶容量が、メガバイトからテラバイトへ100万倍以上になり、そのコンピュータそのものである演算速度も同様に速くなりました。主にこの二つの要因で、いろんなことができるようなり、人間の能力に近づき、これらの面では凌駕しつつあります。このような現状ですが、基本機能は変わっていません。
 読む、書く、計算する(そろばん)、ファイル(メモ、記憶する)です。これを次々に応用して、高速、高記憶領域に適応させ続けて、記憶の正確さやその処理スピードで、人間を追い抜き始めたということです。コンピュータは、この4つの機能を搭載したマシンだと今も昔も言えます。姿・形が変わってもその本性(基本機能)は変わっていません。*創造力や感性・無法則な臨機応変さには、まだほど遠いですが、進行中です。

 この進歩に沿うように、交信も通信環境も進歩し多様化しました。ネットワークが当たり前になったのは、このようにその環境が大いに貢献しています。世の中をリードしてきた技術・産業だけに、当然です。今後とも、広がっていくでしょう。欧米では国家を上げての一大プロジェクトになっています。

 
 では、次に、システムです。簡単に言うと、普段見慣れた、またはご使用になっている車です。車にできること。A地点からB地点へ移動すること。大きな荷物(数トンから何十トン)や数人から何十人(列車や航空機なら何百人)も、100km/hのスピードで動ける、運べるということです。その時の運転手は、たいていの場合、一人。古今東西のどんな怪力ものをしても無理でしょう。それを可能にするのが自動車システムです。アクセルを踏んだだけで100km/hで走ることができ、何人も同時に運べる。だから、システムとは、本来、このようにあり得ない力、効果を発揮するために仕組まれたものと言えます。単なる仕組みの整理という事も、処理速度を上げ法則性のあるものは取り込むことで、この本来のシステム機能に繋がっていくことも多くみられます。いずれにせよ、一人やこれまでのやり方では出来なかった事、高速にデータを収集するという事を出来るようにする。正確に記憶し、必要に応じて抽出でき、何倍もの効果を発揮する。これが、システムの命題です。この期待をもって、システムデザインや開発という事になります。かつては、管理系(経理や売り上げ集計、売掛買掛管理、生産管理など)の過去数字の集計だけをやる専用機だったのですが、今や、顧客を開拓する、リピータを離さない、個人情報を蓄積し、好みを抽出する。こういった新たな数字を生み出す、戦略・戦術的利用が普及してきました。需要者と供給者をマッチングさせるという原理を様々に組み上げる=システム化する。高速で地球規模で双方をマッチングさせることが可能になりました。多くのビジネスがこの需要と供給をマッチングさせることから成り立っています。物を売る、情報を提供する、いずれにとっても常に求めているのは、その答えです。ですから、EC(電子商取引・e-コマース)を行うECサイトが、大人気になるのも当然です。

元情報は、インプット。
判断情報は、アウトプット。

当たり前の事ですが、これら両方のデータがすべてです。この二つのデータや、情報を、いかに効率よくお届けするか。インプットに関しては、現場ニーズ、便利さ、現場に合った入力方法をいかに構築するか。アウトプットでは、経営管理層に必要とされる情報をいかに見やすく無駄なく表現するか。システム安全や安定を確保しつつ追及し実現します。当たり前を当たり前に行うことで、便利さ快適さをご提供します。

 基本がわかると簡単に感じます。

いかなるシステムも、プログラムの集合体です。ある意味を持つプログラムの集合体をファイル(他にデータファイルという様々な情報が格納されたファイルが有ります)と呼び、このファイルの集合体がシステムです。システムは、ファイルの塊、プログラムの膨大な集積です。それらは、主にプログラムファイルとデータファイルです。 プログラムは、プログラム言語、つまりは、専用の言葉と様式(書き方)で記述されます。弊社では、PHP、C#、C++、VB.net、などを使い。WEBサイトに不可欠なデータベースには、Oracle、MySQL、PostgreSQL、SQLServer など多くの実績と信頼のあるデータベースを使用しています。*システム稼働の構成要素は他にも多くありますが、ここでは、割愛します。[インターネットの基礎知識](http://http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security_previous/kiso/k01_inter.htm)を、参照してください。簡単で分かりやすいですよ。

お問い合わせ





お役に立ちたく願っております。
是非、お気軽にお問い合わせください。

エムアイティ株式会社


サイト・キーワード


会社・採用リンク